FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
ジャニーズ初!NEWS加藤が作家デビュー

 人気グループ、NEWSの加藤成亮(24)が小説家デビューすることが22日、分かった。来年1月28日に青春小説「ピンクとグレー」(角川書店)を刊行。また「加藤シゲアキ」と改名することも発表した。
 ジャニーズ事務所のタレントが小説を刊行するのは初めて。都内で取材に応じた加藤は「今後も書き続けて、いつか直木賞を取りたい」とタレントと作家活動を並行していく意向を明かした。
 学生時代からの親友2人が芸能界に入り、1人はスターとなり1人はエキストラから抜け出せず一度は決裂するも再会して…というストーリー。「読んだ人に衝撃を与えることは保証できます」と言い切る自信作だ。
 昨年3月に青山学院大学法学部を卒業。文学部出身ではないが、文章を書くのが好きで20歳ごろから小説を書きたいと思っていたという。
 改名には「心機一転、新しいスタートを切りたいとの思いを込めた」。10月7日にNEWSから山下智久(26)と錦戸亮(27)が脱退、6月に6人で話し合った際は「脱退の希望を聞いてショックだった。解散という話も出た」と打ち明ける。だが「今は4人でもNEWSを残せて良かった。グループとしても新たなスタートを切りたい」と話していた。




NEWS加藤、ジャニーズ初の小説家!“直木賞アイドル”目指す


 山下智久(26)、錦戸亮(27)が脱退し、4人組グループとして再出発したNEWSの加藤成亮(24)が加藤シゲアキと改名し、来年1月28日発売の小説「ピンクとグレー」(角川書店刊)で作家デビューすることになった。ジャニーズタレントの小説出版は初めて。加藤は22日、都内で会見し「NEWSの新しいスタートとともに心機一転したかった。(作品の)衝撃は保証する」と語った。

 ジャニーズ事務所始まって以来のアイドル小説家が誕生した。処女作「ピンクとグレー」は、芸能界を舞台に、幼なじみの2人の青年の成功と挫折を描く青春小説。芸能界で感じたことや、中・高時代を過ごした渋谷の風景などは、加藤の体験も反映しているそうだが「完全にフィクション。20歳くらいから、いつか書くならこんな話にしたいと思っていた」。ジャニーズではこれまでエッセーを出版したタレントはいるが、小説を執筆したのは加藤が初めてという。

 サリンジャーなどの海外作品や映画が好きな文学青年は「小さい時から文章が好きで高校の授業でも評価されたので、25歳までには小説を書きたいと思っていた」。今年の2月中旬から3月いっぱいまで、NEWSの活動が滞っていたのを機に書き始めた。「ちょうど、みんなバラバラでNEWSも混とんとしていた時期。時間だけがあってすごく不安だった。自分にしかできないことは何だろうと考えた」。1日12時間もパソコンに向かう日もあり「真っ暗闇の中で狂気まじりに書いていた」こともあったが、目標の期日までに書き上げ「すごく達成感があった。俺、書けるんだなと思った」。原稿を目にした角川書店の角川歴彦会長の推薦もあって、今回の出版が決まった。

 山下、錦戸から脱退の申し出を聞いた時は「それはショックでした。ずっと寄り添ってきた家族みたいなものなので」。6月に6人で今後について話し合い、残された小山慶一郎(27)、手越祐也(24)、増田貴久(25)の4人でNEWSを継続することを決めた。「解散も考えたが、ファンのためにはどうしてもNEWSの名前は残したかった」。NEWSの再出発と小説家デビューを機に「たくさんの方に親しまれるように」と自分の名前もカタカナに改名した。

 今後は小説家の顔を持つが「あくまでNEWSをメーンで頑張りたい。来年は年明けから動ければ」と抱負。すでに次回作の構想も練っているという。「いつかは直木賞を取れるように頑張りたい」。夢は大きく史上初の“直木賞アイドル”だ。

 ◆先輩ヒガシらエッセー出版
 ジャニーズ事務所では、少年隊の東山紀之、SMAPの木村拓哉、草ナギ剛らがエッセーを出版。芸能界からは、最近では水嶋ヒロ、劇団ひとり、麒麟の田村裕らの小説が話題になった。またロック歌手としても活躍する辻仁成が97年、芥川賞を受賞した。

 ◆加藤 シゲアキ(かとう・しげあき)1987年7月11日、大阪府生まれ。24歳。横浜で育ち、青山学院中・高等部を経て、昨年3月に同大法学部を卒業。99年にジャニーズ事務所入り。03年9月にNEWSの一員としてデビュー。俳優としてもドラマ、映画、舞台で活躍し、昨年のテレビ東京系「トラブルマン」でドラマ初主演。



改名した加藤成亮 小説家デビュー!「NEWS」と重なる内容?

 「NEWS」の加藤成亮(24)が小説家デビューする。処女作は来年1月28日発売の「ピンクとグレー」(角川書店)で、芸能界を舞台に成功と挫折という真逆の道を歩む2人の青年を描いた青春小説。ジャニーズのタレントの小説執筆は初めてとなる。

 子供の頃から文章を書くのが好きで「25歳までに小説を書くと決めていた」という加藤。昨年3月に青山学院大法学部を卒業。エッセーや作詞を手掛けた際に見せる文章力や構成力は関係者の間で定評があった。

 物語の舞台は芸能界。親友だった2人の若者が成功と挫折という真逆の道を歩む展開で、2人の決裂や再会が描かれる。

 メンバーが別々の道を進むことを決めたNEWSと重なる内容だが、加藤は「フィクションです」と強調。一方で「自分が体感したり傍観したことが反映されてるとは思う」と言い、グループが揺れる中で知らず知らずに感じた思いを込めた部分もあるとみられる。

 角川書店の担当者は「芸能界で活動する人々の心情や情景描写がリアルに描かれ、一気に読ませるだけの力がある」と高く評価している。

 小説家デビューを前に「加藤シゲアキ」に改名したことも発表。「NEWSの新しいスタートとともに僕も心機一転したかった」と決意を語り「いつかは直木賞」と夢を膨らませていた。



ジャニーズ初!加藤シゲアキ小説家デビュー

 NEWSの加藤シゲアキ(24)が22日、都内でジャニーズとして初めて小説家デビューすることと、成亮(しげあき)からシゲアキに改名したことを発表した。

 小説のタイトルは「ピンクとグレー」。来年1月28日に角川書店から発売される。舞台は芸能界。親友同士の2人が格差からジレンマを抱えるなど、運命に翻弄(ほんろう)される姿を描いた。

 昔から書くことが好きだったという加藤。「20歳くらいから『小説が書きたい』と思っていた」といい、メンバーの脱退騒動で「次の仕事も決まらず、何をしていいのかわからない混沌(こんとん)としていた時期だった」という今年2月半ばから3月末に書き上げた。

 加藤は「面白いと思う。ある程度の衝撃は保証できる」と胸を張り、「いつかは直木賞を」と瞳を輝かせた。

 改名については、山下智久(26)と錦戸亮(27)の脱退騒動の渦中に考え、新しいスタートのため決めたという。6月に6人で話し合った際“解散”という言葉も出たそうで「ショックでした。ファンの方をメンバー内の価値観の違いで裏切りたくなかった」と心境を初告白。今後も小説家とタレントを両立するといい「グループ活動もなるべく早く、年明けには頑張りたい」とNEWSの再出発にも気合を入れた。



加藤成亮改めシゲアキ ジャニーズ初の小説家デビュー

 4人組アイドルグループNEWSの加藤成亮(24)が「加藤シゲアキ」と改名し、来年1月28日発売の「ピンクとグレー」(角川書店、税込み1300円)で、小説家デビューすることが22日、分かった。芸能界を舞台に親友2人の成功と挫折を描いた272ページの大作だ。所属するジャニーズ事務所では初の「タレント兼小説家」。10月7日に山下智久(26)と錦戸亮(27)が脱退したばかりの新生NEWSにとって、最初の明るいニュースとなった。
 この日、都内で取材に応じた加藤は「昔から書くことが好きで、20歳のとき、25歳までに小説を書こうと思った」と小説家が長年の夢だったことを明かし、「NEWSの新しいスタートのタイミングで心機一転、読まれやすい名前にしたい」と改名の意図を説明した。
 今年2月半ばから書き始め、3月末に第1稿を仕上げた。「メンバーそれぞれの思いが違う方向を向いて、グループ活動がままならなくなっていた。やることがない混沌(こんとん)とした時期が3カ月くらいあった」
 2人の脱退はまだ決まっていなかったが「(小説を)書くやつがいるだけでキャラクターになる。NEWSのためになると思った」。ピンチをチャンスに変えようと執筆に専念。事務所を通じて第1稿を読んだ角川書店関係者が「新人賞の募集で届く作品の中でも高いレベル。一気に読ませる力がある」と評価し、出版が決まった。
 作品は現役アイドルならではのリアルな描写が話題を呼びそうだ。「登場人物にモデルはいないが、自分は投影されている。“売れていく”過程を体感しながら傍観もしている。主観と客観が両方あるんです」と分析。「ある程度の衝撃は保証できると信じています」ときっぱりと語り、ドラマ化や映画化にも「話があればぜひ」と夢を広げた。
 今後については「NEWSがメーン」と断った上で「2、3年に1回(本を)出せれば理想。いつかは直木賞を、と思っています」と宣言。2人の脱退には「最初はショックだったが、固い意志を感じた。解散という意見もあったけれど、それでもNEWSを何とか残そうと思いました。今は(2人を)素直に応援してます。一緒に寄り添ってきた家族みたいなものなので」と思いを打ち明けた。



ジャニーズ初 NEWS加藤が小説出版

 NEWS加藤成亮(24)が小説家デビューすることが22日、所属のジャニーズ事務所から発表された。小説の題名は「ピンクとグレー」(角川書店)。来年1月28日に発売する。同事務所所属のタレントとして初めて小説を書き上げた加藤は、この日から、加藤シゲアキに改名したことも明かした。

 加藤が初めて手掛けた「ピンクとグレー」は、全272ページに及ぶ長編小説だ。芸能界を舞台に、成功と挫折という2つの道を歩む親友同士のはかなく切ない人生を描いている。書き始めたのは今年2月ごろで、自分で決めた締め切り日、3月31日までの約2カ月で一気に初稿を書き上げたという。

 加藤 NEWSのリリースもグループ活動もままならない、混沌(こんとん)とした時期でした。僕は役者の仕事もあるけど、何よりも書きたかった。自分の個性になったらいいし、メンバーのためになるかとも思いました。

 文章を書くことは好きで「25歳までに小説を書きたい」という夢はあった。そして、この不安な時期をチャンスに変えた。完成後、ジャニーズ事務所関係者が原稿を角川書店に持ち込んだところ、トントン拍子で出版が決定。芸能界を舞台にした内容について、加藤は「フィクション。モデルはいない」と言いながらも「自分が投影されている部分はあるとは思う。書いていて救われました」と明かした。

 小説のごとく、NEWSで活動していた6人は別々の道を歩み始めた。10月に山下智久と錦戸亮がグループ脱退を発表。加藤によると、6月の時点で6人全員が集まり、2人が抜けることについて数時間話し合ったという。「それはショックでしたよ。解散の方がいいかもしれないという話もありましたが、価値観の違いで、ファンを裏切ることはしたくなかった。結果、NEWSを残せたことが本当にうれしいです」。山下や錦戸については「一緒に寄り添ってきた家族みたいなもの。頑張ってほしい」とエールを送った。

 新生NEWSの4人は、今後に向けて話し合いを続けているという。「年明けをめどに何か発表できれば。ちょっとずつ進めています」。小説家としての夢も「いつかは直木賞」と大きく掲げたが、「NEWSの活動がメーンで忙しくて書けないのが理想。2、3年に1回本を出せれば」。小説家の活動もNEWSのため、と自分の中で決めている。【近藤由美子】

 ◆ピンクとグレー 大阪から横浜へ引っ越しした小学生の河田大貴は同じマンションに住む鈴木真吾と出会い、中学、高校、大学と密接した青春時代を送る。高校生の時、2人はバイト代わりに芸能活動をスタート。真吾がスターダムを駆け上がっていく一方、エキストラから抜け出せない大貴は取り残されていく。2人は決裂したが、再び巡り合った時、運命の歯車が回り出す。角川書店担当者は加藤のデビュー作について「新人賞募集作品の中でもレベルが高い。リアリティーをもっており、一気に約270ページを読ませる力がある。文学ファンにも受け入れられる」と高く評価している。

2011.11.23 


Secret

TrackBackURL
→http://shioru.blog17.fc2.com/tb.php/608-7a0940e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。